• ホーム
  • NPO法人が推奨する高血圧治療

NPO法人が推奨する高血圧治療

スプーンの上に乗っているカプセルと葉

高血圧という症状に、正面から向き合っている団体として、NPO法人が挙げられます。
NPO法人というのは、いかに人々が快適に日常生活を営むことができるかという点に注力しているので、NPO法人が推奨する治療法を行えば、高血圧が解消されます。
高血圧に陥ってしまうと体に様々な悪影響が及びます。
現在、医療機関から高血圧という診断を受けている場合は可能な限り、血圧を低くするように生活しなければなりません。

そこでNPO法人が推奨している治療法として有名なお茶を用いた対策法を取り入れましょう。
高血圧の治療や予防という観点で最も重要なのは適度な運動に加え、バランスの良い食生活です。
こういった点に注意しつつ加えてお茶を摂取することで、高血圧に対し良い働きをすると言われています。

実は日本人が普段何気なく口にしているお茶には驚くべき効能があるのです。
お茶にはカテキンという成分が豊富に含まれています。
カテキンというのはポリフェノールの一種で、数ある食材の中でも強い抗酸化作用を有していることが特徴です。
とても効果が高くビタミンCの80倍でビタミンEの10倍とも言われているほどです。

そのようなカテキンは毛細血管を丈夫にし、老化や動脈硬化を防ぐ作用があります。
加えて血糖値やコレステロール値、血圧の高まりを防ぐこともできるので、高脂血症をはじめ高血圧や糖尿病も予防できます。

どのような種類のお茶であっても、カテキンが含まれているものの最も豊富に含まれているのは茶葉を発酵させることなく製品化したものです。
一方、烏龍茶や紅茶などは茶葉を発酵させてから製品化するので、高血圧の治療には向いていません。

人気記事一覧
サイト内検索