• ホーム
  • ミカルディスの副作用はめまい

ミカルディスの副作用はめまい

椅子から立ち上がった途端、急にめまいがして倒れそうになることがありますがミカルディスなどの血圧降下剤を服用していると、たまにそうなることがあります。
血圧が急に下がると脳に必要な血液が届かなくなるため、めまいが起きてしまうので、薬を飲んだらゆっくり動作するようにしてください。
薬が効き過ぎている場合も血圧が下がり過ぎて、脳循環障害によるめまいが起きるので人によっては気を失って倒れる人もあります。
普段よりも極端に血圧が低下すると、脳の血流量が減って血液不足となるため平衡中枢がうまく働かなくなってフラフラし、めまいや立ちくらみが起こるのです。
めまいが起きた人の血圧を測ると高いので勘違いしやすいですが、高血圧だからめまいが起こるわけではないのであわててミカルディスなどの血圧の薬を飲んだりするのは危険です。
脳梗塞でめまいが起こっていた場合は、余計に症状が悪化する可能性があるので、具合が悪くなったら病院へ行って、お医者さんに判断してもらうようにしましょう。

ミカルディスは急激に血圧の上昇を抑えられる薬なので高血圧の人の多くが利用しています。
血圧が上昇すると脳梗塞や心筋梗塞になり、そのまま命をなくしてしまうことがあるので、薬でそれを抑える必要があります。

ミカルディスを服用すれば、血圧の上昇にかかわっている物質の、アンジオテンシンIIの働きを抑えられるので、脳梗塞や心筋梗塞を防げます。
ミカルディスの副作用は、血圧が低下したことによる、めまいや立ちくらみが主ですが、しばらく安静にしていれば治まるので、薬を服用した後で、あまり激しい動きはしないようにしてください。
ミカルディスは病院以外にも、個人輸入代行通販からも購入できるので、血圧の上昇を抑えたいときは利用するようにしましょう。

人気記事一覧
サイト内検索