• ホーム
  • ミカルディスと早朝高血圧対策

ミカルディスと早朝高血圧対策

高血圧は拡張期血圧や収縮期血圧が高いということを指標にして定義される疾患であり、どちらかが一方でも基準より高くなると高血圧と診断されます。
正常域と呼ばれる血圧と高血圧とされる血圧の間にも境界域があり、降圧剤を服用せずに様子を見ている段階の人も少なくありません。

しかし、血圧は一日中一定しているわけではなく、寝ている間は低くなりがちであったり、早朝に高くなったりするという変動があります。
そのため、ある日の昼前に血圧を測ったら正常域であったけれどその夕方に測ったら高血圧と診断されたということもありうることなのです。
特に早朝に血圧が高くなる人が多いことから、早朝高血圧と呼ばれる疾患も姿を表すようになりました。
降圧剤によって血圧管理がうまくいっているように見えながら、早朝だけは高血圧になってしまっているということがしばしば見られることが判明してきたからです。

ミカルディスは降圧剤として高血圧治療によく用いられるものであり、通常は一日一回の投与を行います。
ミカルディスはアンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類される比較的新しい降圧剤であり、その降圧作用の強さと副作用の少なさ、臓器保護作用の報告があることなどから頻繁に用いられています。
ミカルディスを用いている際にも早朝高血圧の患者がときどき見られていますが、その際に共通しているのが朝食時に服用しているという点です。
薬を飲むと血液中の濃度が高まり、飲んだ頃が一番降圧効果が高くなります。

そして次に飲む頃が最も降圧効果が低い状態になり、それが早朝に該当してしまうのです。
そういった現象が見られる患者では夕食時に飲むようにすることで早朝高血圧を緩和することができます。

人気記事一覧
サイト内検索